偽造防止印刷【偽造防止について】<偽造防止/偽造被害/ブランド品/パッケージ/偽造品/金券/特殊/インキ/パターン/文字/線画/絵柄/加工/京都>

偽造防止印刷に関するお問い合わせ・お見積もりはこちら

偽造防止について

 現在 世の中では、金券・商品券・地域振興券・クーポン券・回数券・入場券・各種チケット・ブランド品・各種部品などの偽造品、にせもの、コピー品などが多数出まわっており、被害も大きくなっています。特にこの一年間で偽造被害が増加しています。

 特に公表されている資料などはないので世間一般の平均値は不明ですが、これまでに弊社に持ち込まれた相談案件によれば、多い場合では発行数量(製造数量)の10%以上の偽造品が出まわったという場合があります。対象物は、ブランド商品のパッケージやタグ、部品を梱包しているパッケージ、金券、商品券、地域振興券、クーポン券、回数券、各種チケットなどです。被害総額は、数百万円から多い場合には、数千万円、数億円にものぼっています。また少ない場合にも発行数量(製造数量)の1%程度、平均すると発行数量(製造数量)の2~3%程度が偽造されて、偽造品が出まわって被害を被っているという相談が多いです。対象物は、金券、商品券、地域振興券、回数券、チケット、証明書、許可証などです。

 偽造防止印刷は、偽造品、にせもの、コピー品を防止するために開発された、新しい分野の印刷です。偽造防止印刷には、いろいろな種類があります。特殊な特殊な紙を使用する方法、特殊な特殊なインキを使用する方法、複雑な文字、線画、絵柄などの特殊パターンを使用する方法、表面加工を使用する方法、弊社が独自で開発したオリジナル技術である特殊光沢印刷を利用する方法などがあります。また、上記の複数の方法を組み合わせることも可能で、複数の方法を組み合わせることにより偽造防止効果は高まり、偽造による被害を抑えることができます。

ホログラム・箔加工から弊社独自技術の特殊光沢印刷
弊社でできる偽造防止

ホログラム・箔加工から弊社独自技術の特殊光沢印刷など。

偽造品の現状、一般に流通している偽造防止の方法の紹介
偽造防止の事情

偽造品の現状、一般に流通している偽造防止の方法の紹介など。

弊社が特許を取得した、特殊光沢印刷の技術をご紹介
弊社の特許技術

弊社が特許を取得した、特殊光沢印刷の技術をご紹介。

今までお問い合わせいただいたご質問内容をまとめ
偽造防止Q & A

今までお問い合わせいただいたご質問内容をまとめました。

ページ
トップ

お問い
合わせ